トップへ

病棟のご案内

思いやりとやさしさをこめて

患者さんの入院生活に「楽しみ」や「生きがい」を提供します

病棟のご紹介

医療療養病棟
急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、病院での療養が継続的に必要な患者さんに対し、医療サービスを提供しています。
医療療養病棟

   

介護療養病棟
要介護認定を受けた患者さんが長期的に入院療養する病床を完備。
ケアマネージャーが、ケアプランを作成し、患者さん個々の状態に適した介護サービスを提供いたします。
介護療養病棟

   

特殊疾患病棟
脊髄損傷などの重度障害者、重度の意識障害者、筋ジストロフィー患者および神経難病患者など長期にわたり療養が必要な方が入院する病棟です。
詳しくはお問い合わせください。
特殊疾患病棟

   

回復期リハビリテーション病棟
車椅子収納スペース、専用トイレ、洗面台を各病室ごとに設けています。また、不慮の事態に備え、病室から廊下に至るまで、衝撃吸収性の高い床材を使用していますので、安心してリハビリを受けることができます。
tokusyu

回復期リハビリテーションのご案内

  • 集中的なリハビリを行うための体制と設備
  • 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー等多くの専門スタッフと充実した設備が整う「回復期リハビリテーション病棟」で、質の高いリハビリを受けることができます。
  • リハビリテーション室
  • 札幌リハビリテーションセンター開設に伴い、リハビリテーション室を拡張しました。専属のリハビリテーションセラピストが入院から退院まで、患者さんの機能回復を支援していきます。
  • 365日行われるリハビリテーションサービス
  • 土・日・祝日を含む全ての日程で、リハビリテーションを実施しています。患者さん一人一人のリハビリプログラムに沿って、充実したサービスを提供いたします。
  • 入院中はもちろん、退院後もしっかりとサポート
  • 退院後も、通所リハビリや訪問リハビリ等の方法で、その時期その時期に適したリハビリテーションサービスを提供させていただきます。

各リハビリ療法のご紹介

理学療法
riha01-01

身体面の機能回復や日常生活の基本能力(起き上がる、座る、歩く等)を最大限に引き出すため、関節可動域拡大、筋力トレーニング、レッドコードエクササイズの他、神経麻痺からの回復を促す訓練を提供しています。

POINT
充実した設備環境広々とした訓練室の中には、高さが2段階に分かれている簡易階段やレッドコード等、専門性の高い設備が整っています。
riha01-02

  

作業療法
riha02-01

”その人らしい生活”を営むことができるように諸機能の回復、残された身体機能を最大限に活用し、様々な作業活動(日常諸活動、家事動作等)という手法を用いて支援していきます。

POINT
退院後も見据えた訓練入院生活からスムーズに在宅生活に移行できるよう、ふとんの出し入れや、調理・配膳等、日常的な動作確認を行っています。
riha02-02

  

言語聴覚療法
riha03-01

病気や事故等により、失語症や構音障害となり、人と話がうまくできなくなってしまった方に対し、残された機能を活かしたコミュニケーションの支援や、回復のための治療を行います。

POINT
症状に合わせたアプローチ患者さん一人一人が集中しやすいよう用意された個室の中で、あらゆる訓練道具を用いて症状に合わせた専門治療を行います。
riha03-02