トップへ

ごあいさつ

全職員による
“やさしい医療・介護の実践”
会 長  中山 修子

  

中山会長

「等しきもの、それは老い…」
神様は全ての人に平等に老いを与えました。
どんなにお金を持っていても、どんなに偉い人とされても、自分は善行を重ねたと自慢しても、老いを避けて通ることはできません。
私も、今日まで高齢者の医療に関わらせて頂き、自分の残りの人生を真剣に考える年になりました。
患者さんの1日の大切さ、1分1秒ひと呼吸の貴さを感謝し、祈らない日はありません。
今後も地域に根ざす医療機関として、いかに医療と介護の質を高めていくか、また、きめ細かな医療サービスを行い、いかに患者さんの満足度を高めていくかをしっかりと考えてまいりたいと思います。
患者さんを大切にするやさしくあたたかな人間医療、人間介護をめざしてまいります。
地域の中での社会的な役割と使命を自覚し信頼にお応えできる様、心を注いでまいります。

地域に根差した医療
理事長/医師  中山 薫

中山理事長

医療法人中山会は、新札幌パウロ病院を拠点とし、医療、介護、福祉を通して地域の皆様の生活を総合的にサポートすべく、各種医療・介護サービスを提供しております。
新札幌パウロ病院は医療病棟、介護病棟、特殊疾患病棟、回復期リハビリテーション病棟からなり、入院患者さんが一日も早く御自宅へ戻り、
できるだけ以前に近い形で御家族と共に過ごすことができるようお手伝いをさせて頂いております。
更に、退院後も患者さんとその御家族の支援ができるよう外来診療、リハビリ及び訪問・通所・施設等の介護サービスの充実にも力を入れております。
新札幌パウロ病院の基本理念である“「患者さんの目線」で優しい医療を”という言葉は、医師に限らず全ての病院職員にあてはまるものであり、各人が医療従事者として責任と思いやりを持ち総合的な医療を提供できるよう尽力してまいります。

コミュニケーションを
大切にした診療を
院 長  高階 俊光

高階院長

当院は急性疾患を扱う一般病院での治療を終えた患者さんが、住み慣れたご自宅ヘ一日でも早く戻ることを支援する架け橋の役割を担う病院です。
そのために回復期リハビリ病棟と共に、長期療養の方を対象とした医療療養病棟・介護療養病棟・特殊疾患病棟を設け、全職種のスタッフがチームで患者さんを支援しています。
「“患者さんの目線”で優しい医療を」を基本理念に、患者さん満足、ご家族満足、看護サイド満足をモットーとしています。
長いお付き合いになる患者さんと、そのご家族とスタッフとのコミュ二ケーションを大切にした診療を心掛けております。
患者さんとご家族が安心して当院で治療、療養に専念できますように全職員が日々全力で取り組んでいます。