中井さん写真①

介護職員

6病棟
中井 絵美子

子どもがいても働きやすい環境を
一緒に作っていきたいです

中井さん写真②

Q.介護職員になろうと思ったきっかけを教えてください。

私が介護職に興味を持ったのは、60歳を過ぎた母が介護福祉士の資格を取得し、働きはじめたからです。当時、私は20代前半で違う仕事をしていたのですが、毎日イキイキと働く母の姿を見て、介護ってどういう仕事なのか、「話を聞いてみよう」というような気持ちになりました。今、母のようにイキイキしているかは自分では分かりませんが、毎日たくさんの喜びの中で仕事をしています。

Q.どのような職場だと感じていますか?

みんなで声を掛け合いながら、協力して仕事ができています。経験のある方はご存じだと思いますが、介護の仕事には、身体的にも精神的にも辛いときがあります。そういう時でも職員同士で声を掛け合うことで、気持ちも維持できているように思っています。グイグイ引っ張ってくれる先輩が多いので、今は後をついていくだけですが(笑)

Q.この仕事のやりがいを教えてください。

現在は医療病棟の6病棟で勤務しています。寝たきりの患者さんが多い病棟ですので、苦痛を減らすような身体介護が仕事のメインになっています。自分がする些細なことでとても喜んでくれますし、「ありがとう」と言ってくれるのでとてもやりがいを感じています。また、介護における体の使い方を学びたいと思っていたので、やりたかった仕事をしている実感があります。

中井さん写真3

Q.新札幌パウロ病院で働こうと思ったのはなぜですか?

介護職員として働いていくうちに、より介護を必要とする方のための緩和ケアや終末期ケアを学びたいと思うようになりました。「今日という1日を精いっぱい生きている患者さんの手助けになりたい」という気持ちが強くなったからです。以前勤めていた職場でも介護については学べましたし、充実した仕事ができていましたが、当院の方が自分の求める技術や知識を学べると思ったため転職しました。

Q.ほかの職場と違うところを教えてください。

職員同士の挨拶や会話も多く、笑顔の絶えない職場だと思っています。私もそういう雰囲気になじみ、明るく元気な挨拶や声かけをしっかりしようと思っています。ただし、オンオフがしっかりあるのも特徴で、ピリッとした雰囲気もあります。幅広い年代の方がいますし、経験が豊富な先輩も多いのでいろいろ学びながら仕事ができる職場だと感じています。

Q.これからどんなことにチャレンジしたいと思っていますか?

自分のやりたかった緩和ケアや終末期ケアについて、まだまだ学んでいきたいと思っています。それから、もうひとつ上へのキャリアアップとして、ケアマネージャーの資格取得も目指しています。資格取得には介護職員としての実務経験が5年以上必要になりますので、あと2年弱くらい、学ぶべきことをしっかり学んで受検に備えたいと思っています。

中井さん写真4

Q.みなさんへメッセージをお願いします。

私は子どもを出産し、一年間の育児休暇をいただき戻ってきました。子育てをしながらの仕事は時間との闘いです。突然熱を出して保育園から電話がかかってくることもあります。しかし職場には同じ経験をした先輩方がおり、たくさんのアドバイスやサポートをもらって、協力しながら働いています。私のように子どもを持ちながら働く方たちと、働きやすい環境を一緒に作っていきたい、と思っています。

1日の仕事の流れ

8:40

出勤

子育て中のため夜勤は免除してもらっています。
現在は日勤のみで、8時45分から朝礼があるので余裕を持って出勤しています。

8:45

仕事開始

オムツ交換や口腔ケア、保清・整容介助などを行い、食事の準備をします。
担当しているのは50人くらいです。

12:30

お昼休憩

お昼の休憩は1時間です。
スタッフ全員で一度には入れないので、12時30分と13時30分の2つに分かれて休憩に入ります。

16:00

退勤

子育て中なので16時で退勤させてもらっています。
夜勤の免除や、時短勤務といった制度がしっかりしているのも当院の魅力だと思っています。

トップへ