トップへ

彩食紀行

バナナあんこ春巻き

(2019年1月22日)

利用者さんが好きなあんこを使った新メニュー。
バナナとあんこのハーモニーが絶妙で、冷やして食べるとより甘さを感じる一品です。
「おいしいよ」の嬉しい一言をいただきました。

栗蒸しパン

(2018年11月1日)

栗の甘露煮と小豆甘納豆をふんだんにのせ、ふんわりと膨らんだ蒸しパンは、「懐かしい味がする」と利用者さんに好評です。

ウインナーパイ

(2018年8月1日)

生地に塗った粒マスタードの酸味と、粉チーズの香りがウインナーの美味しさを引き立てます。
いつもと一味違う甘くないおやつ・・・。
楽しんでいただけたでしょうか?

おさつ揚げドーナツ

(2018年5月31日)

さつま芋とごまを生地に練り込み、まあるく揚げました。
さつま芋の程よい甘さと、ごまの香ばしさが引き立つ一品です。
利用者さんからも「おいしい」と評判です。

栄養素 ”ビタミンA”について

(2018年3月14日)

少しずつ春が感じられる季節になってきました。
卵白を雪に見立てた料理「雪花煮」をご紹介します。彩り良くブロッコリーと合わせました。
今回は緑黄色野菜に含まれるビタミンAという栄養素のお話です。

メニュー

御飯
味噌汁
和風ミートローフ
コーンバター
雪花煮
キャベツの酢漬け

緑黄色野菜に含まれる色素カロテンは、プロビタミンAとして作用し、体内でビタミンAに変化し、皮膚や目の角膜、粘膜などを健康に保ちます。
抗酸化作用が強く、免疫力を高め、発がん予防効果があるとも考えられています。

参考:ニュートリションケア 2016.4